So-net無料ブログ作成

本のベストセラー

女40歳からの「不調」を感じたら読む本 (静山社文庫) [健康]

著者は東京女子医科大学付属東洋医学研究所で「漢方養生ドック」をはじめた女性医師。
元中央官庁キャリアでもある。

更年期の女性に起きる症状と、そのケアを述べた本。

加齢によるホルモンの変化は普通のこと。
受け入れて、軟着陸しよう。

まず、40歳からのカラダとココロの不調チェックとして、
不調が「気」「血」「水」どのタイプにでているか調べ、
その後さらに詳細なチェックをする表が付いていた。

更年期が怖いという女性は多いが、理由は何がおこるかつかみ切れていないから。
更年期は成熟期から老年期へ移行する時期で、閉経の前後5年間としている。
この間に女性ホルモンエストロゲンなどの分泌が徐々に減り、体がそれに順応するまでのあいださまざまな不定愁訴がおきる。
その症状は人によってさまざまである。

更年期の区分を
閉経準備期・・・閉経にはまだ時間があるが、閉経に向けた心身の変化が生じ始める時期。40-45くらい
閉経直前期・・・閉経が近づいてくる時期46-50前後
閉経直後期・・・閉経直後の閉経にともなう変化に心身が慣れつつある時期。50-55
年齢は目安で症状で考えてほしい。

また、更年期だからと片付けず、他の病気を疑うことも忘れずに。


漢方では女性の変化は7年周期とされ、28歳が最盛期。それ以降は気が衰えるとしている。
加齢による老化は「陽から陰へ」と「実から虚へ」の二つの流れがある。

卵巣がおとろえることで、月経が不規則になり、長く続いたり頻発したりする。
エストロゲンが減少すると朝をかきやすくななったり、寒気や動悸など、自律神経の不調があらわれる
人間にはホメオスタシスといいって、体の恒常性(バランス)を維持する機能があるが、
ホルモンが減ることで自律神経の不調もおこるのだ。
うつや不安といった症状があらわれたり、骨量や肌の乾燥、膣の感想、コレステロールをため込みやすいなどの症状がでる。
ストレスも影響があるので、環境や性格による個人差がある。
漢方では「気・血・水」をととのえ、体と心の両面からケアしていく考えをとる。
うつ病の患者には便秘で悩む人が多いなど。

40代からは一旦不調になるとなかなか回復せず、長引くので、こまめにケアすることが大切。

閉経前か後かと、先のチェックシートに沿って、不調の状態にあわせたこまめケアを紹介していた。
陰をおぎなうために湯船につかって温まることや、食事に陽性のものを腹八分目とること、ツボ押しなどを紹介していた。

人は生まれたときから、エネルギーの総量の大きな人=エネルギーボールの大きい人と小さい人がいる。
さらに、28歳をピークにみなだんだんボールが小さくなる。
だから30代と同じようにするとボール=気がたりなくなる、それを自覚して効率よく使おう。
ランニングなどがブームになっているが、ボールが小さくなっていることをわすれないで。
ストレスによる気の滞りには酸味が効果的。甘いものが欲しくなったら酸味のあるものをためしてみて。
塩分のとりすぎには苦味を。

更年期とうつ病はみわけがつきにくい、あまりに症状が酷かったり続くならうつ病も疑おう。

水の異常=水毒は、水の巡りに偏りがある。
典型的なのは「めまい」
胃腸の弱い人は水の異常をおこしやすい。
舌の端にギザギザのついている人はむくんでいる可能性がある。
食材では豆類が、食物繊維豊富で利尿作用があり、消化吸収や排せつをうながし、水分代謝を整え胃腸の働きを助ける。
胃腸や冷えのケアを。


56歳以降は混乱から安定期に入る。
脳が元の状態に戻さなくていいと認識するので。
「陰」と「虚」による影響をこまめ+先手必勝でケアする。
現状維持でも効果あり。
さらにケアによって差がでる年代でもある。
陰へのケアとして冷えない生活を心がけ、体をあたためる食べ物、ツボ押し(三陰交など)などをする。
虚へのケアとして規則正しく、無理をしない生活をこころがけ、胃腸に優しく精のつくもの(脂肪が多いのはダメ)を食べる。

腎虚太り・・・腎の機能が衰えて太ること
 食毒体質・・・脂っこいものが好きで、食物が体のなかで停滞する
 水毒体質・・・胃腸が弱く食べ物や飲み物がうまく消化できない水太りタイプ。
 瘀血体質・・・血の循環が悪く、エネルギーが燃焼できなくて太る。
老化により腎が衰えると腎虚太りがでやすくなる。
西洋医学的には女性ホルモンエストロゲンはコレステロールの代謝にかかわるのでコレステロールをためこみやすくなるといえる。
肥満は病気につながるので、下半身の運動、ねばねば系の食べ物や、塩辛いモノや酸味を食事にとりいれる。腎愈などのツボ押しで予防。
食欲をコントロールするには耳の穴の入り口付近の胃点も効果あり。
気は免疫にも影響するので、不足するとガンなどになることも、早期発見をこころがけましょう。


女性の体は40歳以降ケアによって個人差がでる。7歳若くみえる体をめざす、15の方法
1 今の自分を愛おしむ
2 メンテナンス上手になる
3 今の不調の原因について考える・・・・漢方では老化の危険因子は外因=気候の変化、内因=感情の変化、不内外因=生活習慣の乱れに分類している。夜更かし=生活習慣が問題なのに、クリームを塗ってもダメ
4 「気」を出し惜しむ
5 「エレガンス」を追求する。メタボ体型はダメ。
6 肩の力を少し抜いてみる
7 嗜好の変化に敏感になる。ジャンクフードがほしくなるのは体のバランスの崩れかも。
8 食事は賢く頭で食べる
9 胃腸を強くしてフェイスラインを引き締める
10 肌は白さだけでなく明度も意識
11 お風呂上りにはボディマッサージを欠かさない
12 わくわくドキドキで「血」の巡りを促進
13 過度な感情に振り回されない
14 鏡を取り出して笑顔を映す
15 筋肉をゆるめると脳もリラックスする。特にストレスのあるひとは胸鎖乳突筋が凝っていることが多い。

ポイントは食事、運動、睡眠、感情のコントロール
睡眠は加齢による老化で体力がないと眠れなくなる。脳を含む内臓の働きが順調で「気・血・水」のバランスがとれているのを体力があるという。
ポジティブに年齢を重ねる、ポジティブ・エイジングでいこう。



女40歳からの「不調」を感じたら読む本 (静山社文庫)

女40歳からの「不調」を感じたら読む本 (静山社文庫)

  • 作者: 木村 容子
  • 出版社/メーカー: 静山社
  • 発売日: 2010/04/06
  • メディア: 文庫



タグ:木村 容子
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0