So-net無料ブログ作成

本のベストセラー

"十津川警部 長良川に犯人を追う (講談社文庫) [小説]

要約のブログなのでネタバレあるので閲覧注意です。




上野公園でホームレスの段ボールから出火して16人が死亡。
たまたまホームレスの取材にきていた新聞記者が出火を目撃。
その様子から爆発物が投げ込まれた疑いを持つ。また現場でとった写真に不審な二人の人影があった。
しかし、事件はホームレスの失火として片づけられてしまう。
新聞記者は火元になったテントにいた男の身元を調べる。男は鵜飼いで有名な岐阜県長良川の出身と思われた。

調べている間に新聞記者は何者かに襲われてけがをする。しかし彼はなおも事件を調べようと休みをとって長良川に向かう。であった人たちはみな、死んだ男を知っているようなのに何も教えてくれないどころか怒り出す、または姿を消す。
東京に戻った記者は射殺される。

十津川警部は記者の事件をしらべるために、相棒のカメさんとともに長良川に向かう。
ようやく死んだ男の身元を探り出すと、地元の有力者で、2年前鵜飼いの最中に長良川に転落し、そのまま行方不明になったことがわかった。警部はこのとき、何者かが、ホームレスになっていた男=小野田というを殺そうとしたが、小野田は生き残り、そのまま家に帰らずホームレスになっていたのを発見され、再度狙われたものと推理。しかし、なぜ最初の殺人未遂がおきたのか?犯人がだれなのかわからない。

長良川の事件のとき、小野田と同じ船に乗っていた、地元の参議院議員、有名な寺の住職(小野田家は檀家)、小野田の後妻、地元新聞社の社長らが容疑者としてあがっていたが、だれからも有力な証言がえられない。
関係者が地元の有力者で県警の本部長の知り合いであることから岐阜県警の協力も得られない。

そんな中、事件について知っていると思われ、新聞記者に質問をうけてから姿を消していた仲居が殺害され、飛騨高山の朝市の場所で発見される。
十津川警部は、彼女に会える寸前までせまっていたが失敗におわった。
そこでカメさんの提案で、鵜飼いの事故の後、地元新聞社を辞めた記者をあたり、事故のことでなく小野田本人のことを質問することで突破口が開ける。

小野田は事業家としてやり手で財産を築いていたが、自分の能力を頼んで威張り散らす人物だった。選挙や寺の霊園事業に出資していたが、口もだすほうで、事件のとき一緒に船にのっていた有力者たちはみな彼を疎ましく思っていた。浮気をし、家でも横暴で前妻はノイローゼになっていたし、後妻も彼を疎ましく思っていた。

十津川警部は、彼らが共謀して事件を起こしているので誰からも証言が得られないと判断し、岐阜県警の中で唯一十津川警部達に協力的だった、児島警部に関係者に脅しをかける役を依頼する。
しかし、児島警部は自分の拳銃で殺されて発見される。

児島警部を殺したのは、地元の派出所の警察官だった。彼も事件について口をつぐむように言い含められお金をうけとっていた一人だったのだ。十津川警部は、その可能性を児島警部に伝えなかったことを後悔する。

派出所の警察官は退職届を出して逃亡を図ったところをつかまり、十津川警部に説得されて真実を話す。児島警部を殺害された岐阜県警はようやく本腰をいれ、有力者たちを次々と逮捕拘束する。
記者会見で責任問題を追及された県警本部長は退職する。

事件がおちついたのを見届けた十津川警部は、東京へ帰る。

十津川警部 長良川に犯人を追う (講談社文庫)

十津川警部 長良川に犯人を追う (講談社文庫)

  • 作者: 西村 京太郎
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2012/06/15
  • メディア: 文庫



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0