So-net無料ブログ作成

本のベストセラー

首こりは治る! [健康]

アスカ鍼灸治療院院長の福辻鋭記(ふくつじ としき)さんの書いた首こりの本。
骨盤まくらダイエットで有名な人です。

現代人は首を病んでいる。
パソコン、スマホで首を酷使するので、首や肩が固まり、背骨が歪んで、そこから発生する痛みや不調に悩まされている。不定愁訴からアレルギー花粉まで影響している。
首の後ろにある頸椎が歪むと自律神経失調の状態になる。
根本的に解決するには体幹から歪みを強制して、正しい姿勢を習慣づける必要があるが、それは一朝一夕にはできない。気長にやって健康な人生を送るかを選ぶのはあなた。

プロローグ 首ガチコリとパソコンネックで常にむち打ち状態
著者の治療院に、交通事故などのけがをしたわけでもないのに、むち打ちの後遺症のような症状に悩まされている人が増えている。これはパソコンやスマホで顎を突き出して猫背気味になった状態を長く続けることで首がダメージをうけたもの。

首には神経や期間が通っていて、それが大きなダメージをうけ続けて機能が異常になって、体の不調になっている。
ほとんどの人は悪い姿勢や状態が生活習慣化していて、強制しようとしても仕事や生活に支障がでるほど。
早めに体のコリやゆがみをすっきりと解消して、正しい姿勢で仕事や生活が送れるように環境を整えることが大事。

猫背または猫背状態の人のチェック
・顎が前にでている(首が前傾している)
・肩が前にでている(胸が張れない)
・肩甲骨周辺が丸まっている
・膝が伸びない
これらが一つでもあると猫背。

著者は猫背といってもわかってもらえないので首ガチコリ状態と呼んでいる。

背中がまるまっていない人も、上半身がのけぞるように反り返って不自然になっている人も一種の首ガチコリ。姿勢を正すために無理に胸を張った状態になっているので。

正面からみたとき、左右の肩の高さが違っていたり、頭が前後左右に傾いている場合にも「首ガチコリ」である。

前かがみになっていると、5キロもある頭が前に引っ張られて、首から腰が前にまがり、背骨や筋肉もそれにあわせて凝り固まる。
一旦首ガチコリになると、その姿勢のほうがリラックスできると錯覚してしまう。

首ガチコリだと顔の老化現象も進む。


第1章 あなたの首はすでにゆがんでいる!
首こりは体のゆがみからきているので、元のゆがみを直さないと、一時的によくなってもまたもとに戻ってしまう。

首こりのもともとの原因は、体のゆがみで首の付け根、つまり頸椎に大きな負担がかかっていること。パソコンやスマホの使用で姿勢がわるくなり、体全体に歪みが生じている。
それが続くと、そういう恰好でないと逆に苦しくなるくらい。

頭の重量は5キロ。これが首の付け根だけにかかっているので、かなり大きなストレスがかかっている。しかも長時間である。
首の付け根は人間にとって「心身の急所」といわれている。その理由は、首の付け根に血管が集中していること。大きなリンパ節が集中していること、頸椎があり自律神経も集中していること。

人間の体幹を形成する背骨は、頸椎と胸椎、そして腰椎から成り立っている。
頸椎は穂ね7つからなり、機能がわかれている。自律神経のコントロール室は視床下部にあり頸椎につながっている。頸椎に支障があれば自律神経がコントロールできなり、体中に不調が広がる。

首の状態チェックシート。チェック3以上で要注意。5個以上で危ない首ガチコリ。
・首が凝っている
・上下左右に首を動かすと、動きにくい角度がある
・上を向くとすぐに首が痛くなる。
・首にしわがはっきりと刻まれている。
・顎から首にかけて皮膚がたるんでいる
・「ストレートネック」といわれたことがある。
・首の後ろに贅肉がある。
・よく寝違える
・首の骨を鳴らす癖がある
・むち打ちになったことがある。

ストレートネックとは首がまっすぐになっている状態。首はもともと湾曲があって、重い頭を支える機能を果たしているが、このクッション機能が失われているので、正常な首より二倍から3倍の重さがかかったり、地面からの衝撃が直接首や頭につたわりやすくなってしまう。
チェックするには壁に背中をつけて、お尻・かかとをつけたとき、後頭部が壁につくかどうかでわかる。つかない、つきにくいときはストレートネックの可能性が高い。
予備軍は、肩の高さが違う、視力が左右で違う、ズボンのすその長さが左右で違うなど。

枕を自分に合う高さにするのも大切。自分で鏡をみるか、ほかの人にみてもらって、首の角度を通常に保てる枕の高さ(通常は5センチから7センチ)を探す。柔らかすぎると頭が沈んで寝返りをうちにくいので注意。


第2章 背骨のS字状カーブがあなたの健康を左右する!

背骨は「頸椎」7、「胸椎」12、「腰椎」5の合計24個の骨からなりたってS字状のゆるやかなカーブを描く状態で上下左右からの衝撃を和らげている。首のまわりの筋肉の動きがS字状カーブの機能のカギを握っているのだが、デスクワークの多い現代人はこの機能が衰えている人が多い。

通常なら緊張して乳酸がたまった筋肉は、弛緩して新しい酸素や栄養素を運んでリフレッシュするが、S字状カーブが消失して筋肉が緊張したままだと、疲労物質がたまったままになり慢性疲労の原因になる。これが首のガチコリ状態になり全身の不調を招く。

首には甲状腺、迷走神経、交感神経脊髄神経が走っていて急所なのである。
首のコリや痛みの九割は自然に治る。骨や神経に原因があるのは3割で、本格的な治療が必要なのはその半分といわれているからである。つまりほとんどの場合は歪みなおしでよいのである。

そうはいっても、頸椎椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症といった物理的な疾患が原因の痛みの場合は病院で診察してもらう必要がある。
危ない首と頸椎の異常チェック方法
A 首を前後左右に傾けたり、倒したり、左右の後方に振り向いたりしてみる。
 痛み・違和感・動かしにくさを感じたら⇒頚椎症・頸椎椎間板ヘルニアの可能性
 手指がジーンとしてしびれる⇒頸椎章生神経根症の可能性
B できるだけ早く動かして、手で「グー」と「パー」を繰り返す。
 10秒間で20回以下しかできない⇒頚椎症性脊髄症の可能性
C 片手で壁につかまりながら、片足ずつケンケンする
 うまく続けられない⇒頚椎症性脊髄症の可能性
診断に納得いかない場合はMRIで確かめるのがよい。
ただし、形状に異常があっても必ずしも症状がでないことがある。

第3章 首こりによって自律神経が不調を引き起こす!

現代の生活はストレス社会なので、休息すべき夜間でも交感神経優位になりがち、この状態から解放されるには首コリや肩こりを解消することから始める。
自律神経(交感神経と副交感神経のバランス)が乱れているかのチェック
・頭痛がする
・耳鳴りがする
・目が乾きやすい
・眼が疲れやすい
・肩や背中がこる
・腰が痛い
・腕がだるい、または重い
・背中に腕を回して、上下から組もうとしても組めない
・手足がしびれる
・猫背気味である
・風邪をひきやすい
・アレルギー症状がある
・冷え性である
・太り気味である
・便秘気味である
・トイレが近い
・生理が不規則
・生理がひどい
・肌が荒れやすい、むくみやすい
・疲れやすい
チェック項目が5個以上なら、自律神経が乱れています。

首にある血管や神経を解放すると、副交感神経優位になって、自律神経のバランスが戻る。

「首ほぐしエクサ」
1 椅子に腰かけて、手首を交差、手のひらを反らせて正面に向ける。
2 そのまま手首を固定して首を時計回りにゆっくりと回す
3 首を逆時計まわりにゆっくりと回す。
これを10分間。

ホットタオルやペットボトルをあてて、首をあたためる。
あてる場所はうなじから首筋、肩にかけての首に後ろ側と、耳の下から肩にかけての首の側面。
ヘアードライヤーであたためたり、マフラーやストールもよい。


第4章 首こりに即効! 自分でできる3つの「癒し」ケア
楽ラク体操⇒楽ツボ押し⇒反射区マッサージの順にやる

「楽ラク体操」
 1首さすり体操・・・首の後ろを上から下に軽く10回くらいさする。横も左右に10回。
 2首倒し体操・・・手で頭を支え、手に逆らって頭を右に倒す。次に右斜め前に倒して5秒キープ。これを左右2回。
 3首回し体操・・・首を左右に大きく各3回ずつ回す。

「楽ツボ押し」
 ・肩井(けんせい)次に天柱を押す。押してみて気持ちいいところが楽ツボ。ゆっくり5回ほど押す。
 ・リンパマッサージ。鎖骨のリンパ節を少しずつ位置をずらして、やさしく3・4回押す。
 ・「肩井」を5・6回押してから、肩から鎖骨に向かって優しくマッサージしてリンパを流す。

「反射区マッサージ」
 反射区とは各機関や内臓につながる抹消神経の集中個所。平面になっていて刺激する範囲が大きいのが特徴。刺激には「もむ」「さする」「押す」「たたく」の4つの方法がある。手のひらでおこなう。キズや発疹がある場所はやらない。刺激が強すぎる(赤くなるほど)やらないこと。動作は1回で3~5分。
 腕の多さは3~4キロあり、頭とあわせて10キロ以上の負担が肩や両腕にかかっているの、腕の反射区マッサージをする。
 1 胸の大腰筋をたたいたり、さすったりする(3分)
 2 肩から上腕部手先までやさしくもんでほぐしていく
 3 手首を押したり、もみほぐしたりする。
時間がなければ3だけでも。


第5章 お手軽な「癒やし」グッズで首こり楽ラク解消術
100円ショップで売っている癒しグッズの紹介
 ・ネックすっきり・・・指で行うより力がいらず、ラクに天柱などのツボが押せる。ただし、力をいれすぎないこと。
 ・健身棒・・・それほど力を使わずに的確に楽ツボを刺激してくれる。ツボはひとつを6~8回押す。押すとき息を吐いて、ゆるめるとき吸う。優しく刺激して機能回復、強めで痛みを抑えるが、ほどほどに。
 ・かっさ・・・楽ツボを押したあとに血液やリンパをスムーズに流すのに使用。
 ・ストロングローラー・・・反射区にあててぐるぐるマッサージ。心配な人はクリームなどで肌を保護して使う。
 ・フィットネスボール1・・・少し緩め気味がよい。首の下にボールをいれて頭を載せて3~5分リラックスすると、頭の重さでストレート気味だった首の骨が湾曲状態に戻る。そのまま前後左右に動かすとコリがほぐれて心地よく感じるようになる。痛みがあったらやめる。
 ・フィットネスボール2・・・お尻の下に置いて、その上に正座。おなかに力を込めて引っ込めながら、背筋をまっすぐに伸ばし、骨盤もまっすぐにする。背骨や骨盤のゆがみなおしになる。
 ・フィトネスボール3・・・ボールを頭の後ろにあて両手でもって、強くおしつけながらひじをゆっくり開くようにする。顔を上げてまっすぐに正面を向くので姿勢がよくなるだけでなく、背筋が伸びて胸のストレッチになる。
 ・フィットネスボール4・・・うつ伏せに寝ておなかの下にいれて、骨盤を左右に傾ける。床に腰を下ろして腰にボールをあてて浅く座り、手を床につける、そのままゆっくり骨盤の下にボールを敷くように体を倒す。さらに膝を胸に引き寄せるようにして抱え、脚全体を上下に揺らす。
 他にも横にはさんだり背中にいれたり、座って背中と背もたれの間にいれたり、座面とお尻の間にいれたりのストレッチが紹介されていた。


第6章 首こりから解放される生活習慣をつける!
長い間に身についた姿勢を矯正するのは困難なので、じっくり腰を落ち着けて治すことが大切。
まず、パソコンやスマホをみるとき顎を突き出して背中が丸まるので、顎を少し引いて、少し顎をあげるように意識する。でも前には出さない。
首をさげなくてよいように机やいすの高さを調節する。
1時間に1回は首をあげて1~2分休ませる。肩をまわしたり、腕をあげて背伸びをする。
常に下を向かず、顔を揚げる意識を持つ。

パソコンはデスクトップにして、顔が正面で正対するようにする。パソコンとの距離は30㎝。首の負担を減らせば効率もアップする。

枕が高いと頸椎の曲がりが消失して首に負担がかかる。要は首の頸椎の湾曲が保立てることが大切。一般的には5~7センチの高さで肩口までしっかり乗るようにする。自分で理想的な高さがわからなければ枕なしで仰向けに寝て、違和感がなければそれでOK。仰向けになると頭の重さは床がうけとめてくれるので首は完全に休養できる。
畳で仰向け大の字を5~10分で首こりが解消される。
就寝中は寝返りがうてることが大事。布団が柔らかすぎると寝返りできないので注意。

首を支える筋肉をつける。
腕を頭の後ろに組んで、まっすぐに立ち、そのまま上半身を直角にまげて再び起こす。これを30回繰り返す。
また全身運動で体のコリやゆがみを解消するのも大事。
ウォーキングするときは姿勢を意識。背筋をのばし、かかとから着地するイメージ。


第7章 首のストレスフリー生活で首こりを完全追放!
ホメオスタシス・・・体が外界からの刺激や変化に対してゴムボールのようにもとに戻る機能。
ホメオスタシスに異常がおきると、体調がみだれてもどらない。ストレスチェックがあって、ストレスがたまると筋肉が緊張してコリやゆがみになると解説。
オフのとき心と体をリセットすることが大切。

お笑い番組を見るなどして、1日1回は大きな声で笑う。
1日1回15分くらいうたたねする。
うたたねのあと深呼吸する。何も考えず10分でよいのでぼーっとする。遠くをみながら行うとさらに効果的。緑茶や紅茶のテアニンでリラックス効果が倍増。
1カ月に1回は何もしない日をつくる。感じるままに動く。このリラックス感を覚えて習慣づけるとストレス解消になる。
お風呂で20分湯船につかって体全体を温める。そのままシャワーで首や肩の反射区をマッサージする。
音楽で自律神経のバランスを整える。耳を刺激して「腎」が刺激され精力増進や老化防止に効果がある。

姿勢を矯正すること、心理的ストレスを和らげることで首こりが解消する。
簡単にはいかないが続けて、楽しい日々をてにいれてほしい。


首こりは治る!

首こりは治る!

  • 作者: 福辻 鋭記
  • 出版社/メーカー: 自由国民社
  • 発売日: 2015/10/23
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



タグ:福辻 鋭記
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0