So-net無料ブログ作成

本のベストセラー

浮雲 (1951年) (新潮文庫〈第279〉) [小説]

原作は明治19年に二葉亭四迷が坪内逍遥にであったころにかかれた。間をあけて第3篇まで書かれているが未完。
その当時の人たちのしゃべりのままにかかれているので、最初なれない。漢字とカタカナがまじって、知らない用語も多い。

主人公、内海文三は、静岡の藩士の子どもだった。父親をなくし、母親が苦労して学問させた。叔父をたよって東京で学費免除の学校に通い、公務員になる。身を固めて(なんとなく、下宿先の娘・お勢と結婚話がまとまりそうな雰囲気だった)母親を呼ぼうとしている矢先に、リストラされてしまうところから話が始まる。

叔父さんは、維新のあと、苦労して商売をはじめ、茶店を営業していて、それほど裕福でもないが、まずまずの暮らしをしている。

叔父さんの妻・お政は、如才のない抜け目のない婦人。文三が居候だったときはつらくあたったりすることもあったが、夫の係累だからと面倒をみてきた。子どもは、お勢ともう一人男の子がいて、男の子は学校があって寄宿している。子どもたちのわがままをきいてあげる優しい母である。

お勢は、小さいころから、父親は学問、母親は芸事をやらせていたが、どちらもなかなかのもの。隣の家の学問ができる娘にかぶれて私塾に通い、今では母親を「学問のない人は」などといって、いうことをきかない面も。
文三が学問ができる人と認識されていて、英語を習うなど仲良くしている。

文三の同僚本田昇は、生まれもそれほどではなく、学問も文三ほどできないが、如才がないタイプで、常に課長へのおべんちゃらを忘れない。盆暮の付け届けはもちろん、休日でもご用はないかとうかがうようなタイプ。リストラはされなかった。

物語は、本田が文三のいる叔父の家に出入りして、お勢にちょっかいだして、文三がやきもきするとか。
お政は本田の如才のなさをほめるが、文三は卑屈な奴と思う、でも、自分がリストラされてしまったことから、母親のためにも本田のように生きるべきではと思ったり。
文三はお勢が自分のことを好きだと思い込んで、心変わりを責めたら、かえって怒りをかったり。
文三の就職活動がまったくうまくいなかい話とか、お政にイヤミをいわれて突発的に下宿を探したりするが、かといって、いろいろ理由をつけては実行に移せない様子とか。

日常生活を追いながら、文三の心中を中心に話がすすんでいく感じです。
基本的に文三とお勢の恋愛というか、関係というか、そういう話なんじゃないかな。
そういう視点でかくと、文三とお勢は、お勢が文三を学問があると尊敬する、文三は学問のわかる娘としてお勢を扱う。そうして仲がよい二人をみて、お勢の両親も嫁にやってもいいかなと思っていた。お勢はわからないけど。
けれど、リストラがあって、話はチャラというか、はっきりとしていなかったのですべてお蔵入りになり、疎ましがられるくらいになった。
そこに本田がやってきて、お政は本田のことろに嫁にやろうと思う。本田の女性の扱いがうまいので、お勢も嫌がっているようにはみえないが、今度も本当の気持ちはわからない。
文三はお勢が心変わりしたと責めるが、お勢にしてみたら恋人になった覚えはないし、無実の罪を責められた気分で文三を無視する。
文三は怒って出て行こうとするが、お勢をまっとうな道にもどせるのはじぶんだとかいって、結局出て行かないことにする。
お勢は、新しく編み物を習い始め、本田には冷たくするようになる。
文三は、お勢ともう一度話してみてから、うまくいかなかったら叔父の家をでようと考える。(再就職はできていない)

そして、唐突にここで話は終了。


浮雲 (1951年) (新潮文庫〈第279〉)

浮雲 (1951年) (新潮文庫〈第279〉)

  • 作者: 二葉亭 四迷
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 1951
  • メディア: 文庫



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0