So-net無料ブログ作成

本のベストセラー

小食の力 [健康]

食事制限すると寿命が延びる。
1935年マッケイのマウスの実験、サルでも同じ。

小食のサルの特徴
・低体温
・血液中のインシュリンが低い
・DHEAS(デヒドロエピアンドロステン、副腎皮質ホルモンで男性ホルモンの一種)の血中濃度が年齢相応に減ってこない。
体温を高めると免疫があがるという説があるが、現実には逆のことがおきている。
甲田医院で小食を実行した人は風邪をひかなくなった人は300人中76%。花粉症は85%。

小食でマウスの遺伝子が若返る実験がある。

宿便とは、胃腸の処理能力を超えて負担をかけつづけた場合、腸管内に渋滞する排せつ内容物、これを総称して宿便という。食べ過ぎ生活をしたり、運動不足、睡眠不足、水分不足、食塩不足、食物繊維が少ない、心配事が続く、粉食が続くときに宿便ができる。

宿便が停滞すると、つかれやすくだるくなり、根気が亡くなり、頭は重く肩が凝り、手足が冷える。イライラしたり取り越し苦労する。などの症状がでてなかなか治らない。

腹七分といっても続かないので、朝食抜きの1日2食の方が実践しやすい。
最初は脱力感が強くなり、心が落ち着かない寂しい思いをするが1カ月から2か月でなれる。少しずつ減らしていくのもよい。ただし昼夜は増やさないこと。
空腹でいるとモチリンが分泌され便通がよくなる。

甲田医院には。潰瘍性大腸炎、慢性腎炎、尋常性乾癬、円形脱毛症などの難病の人がたくさんくるが、玄米腹七分の養生法で症状が好転して治る。ただし、すべての難病が小食で治るものではない。
腹七分の小食を行うと、ドーパミンの受容体が老齢になっても減らないので、脳の働きを若々しく保つことができる。

小食にするには質が大切、白米より玄米、白パンより黒パン、白砂糖より黒砂糖、大きな魚より小魚、豆、改装、ゴマ、野菜なるべく農薬や化学肥料の少ないものを。

小食は命をいただいているという気持ちに通じる。
小食で世界の食糧危機を救おう。生採食ならガスも使わないので相当な節約になる。

生採食小食メニューの例
朝食抜き
昼食
 生野菜500g 葉野菜数種類を泥状にしたもの
 根 250g 大根おろし100g、人参120g、山芋30g
 生の発芽玄米 70g 味噌を少し添える
 生の発芽大豆 30g 味噌を少し添える
くだもの ミカンなら1個、リンゴなら3分の1
夕食は昼食と同じ

陰性体質でも蔭極まって陽性体質になれる。

決め手は腹7分の小食。
なかなか守れなくて一進一退する患者の状態が赤裸々にかかれている。軽症なうちに治療する方が効果が高い。


本書では自己免疫疾患の一種である慢性関節リウマチ患者10名の体験記を小食糧法の実践の記録として収録。
だいたいは自宅用のレシピと運動メニューをもらい、間に入院をはさみながら徐々に治療する。

小食に挑戦する人は多いが、食欲は人間の強烈な本能なので無謀なことをしても失敗する。
せっかちにならず、ほかの理論にふりまわされず、自分の意志が弱いことを自覚したうえで、食べ物を大事な命とみて、最初は脱力感があったり体重が減ったりしても予定通りとおちついてこなせる人。人生に高い目標をもっていると成功しやすい。

高い目標をもち、せっかちにならず徐々に小食を進め、大切な命を殺生していただいているという自覚をもつことが大切。
人間は本来神様の分けみたまで本体は光っている。お祈りで小食が成功しやすくなる。
仲間をもつと成功しやすくなる。
小食で成功した自分をイメージしよう。
小食で世界を救おう。


少食の力

少食の力

  • 作者: 甲田 光雄
  • 出版社/メーカー: 春秋社
  • 発売日: 2005/11
  • メディア: 単行本



タグ:甲田 光雄
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0