So-net無料ブログ作成

本のベストセラー

空想科学読本15[愛は地球を滅ぼす]編 [雑学]

ウルトラマンや仮面ライダーといった空想科学の世界を科学的に考えてみようという本。第15弾
そんなことして大丈夫?なことをとりあげたそうです。かなり奇想天外な技が炸裂しているんだな~。

1「仮面ライダー龍騎」で地上にブラックホールをつくった。
仮面ライダー王蛇が、契約したモンスター、獣帝ジェノサイダーの胸にオレンジ色をした縦横40㎝ほどのひし形があらわれて、周囲のものをすっていたので、これがブラックホールと思われる。唯一の女性ライダー・ファムが、王蛇からブラックホールに向かって蹴られて吸い込まれそうになるが、ほかのモンスターが、ジェノサイダーに体当たりして、ファムは吸い込まれずにすんだ。
直径40㎝のブラックホールの質量は1400垓トン、地球の23倍なので、ファムどころか全員吸い込まれる。しかし、そうなっていなかった。多分そこまでの質量がなかったのだろう。
仮に地球の重力の10倍だったとしても、1mまで近づくと時速480㎞でているので、吸い込まれなくてもかなりのダメージをくらうだろう。
吸い込まれるとすると、近づいていく過程で近い方と遠い方の重力差で体が断裂するかもしれない。5mの距離で、頭から吸い込まれているなら、頭には40G、足には22Gがかかる。そして時間は近づくほど、ゆっくりになるので、周りからみるとファムは縦に延びながら、ゆっくりブラックホールに近づき、やがて止まったように見えるだろう。恐ろしい光景だ。


2「エヴァンゲリオン新劇場版:破」でエヴァンゲリオンがものすごい速さが走った。
敵がATフィールドを落とすので、エヴァ3体でATフィールドを受け止めようとするとき、エヴァ3体は第3新東京市を走り回った。
画面から測定された速度は、秒速260m=時速930㎞=マッハ0.76。
後半ではさらに速度が上がって、マッハ1.2まで到達していた。
重量700トンのエヴァがこんな速度で走ったら、半径110mの範囲が全壊する爆風が発生、走るごとにその領域は重なり合って広がっていく。
さらにATフィールドを受け止めた力は、1400兆トン。富士山の1400倍重いものを持ち上げられる。陥没しなかったから足からATフィールドを出していたからだろう。
この力で走ると一歩でうける被害の範囲は半径320㎞で、素直にATフィールドを落下させたほうが被害は少なくなります。



3「SPEC」の一十一(にのまえじゅういち)は、時間が止まって見えるスピードで動く。どのくらいの速度?
ニノマエは、時間を止めるのではなく、自分が素早く動くことで周囲の時間がとまっているかに見える。本人が「1秒間で何日も過ごす」と言っているのを5日とすると、周囲より43万2千倍速く過ごしていることになる。
この能力を使って野球ボールを投げると、マッハ2万6千でや投げれるので、5・6個で東京は壊滅する。
でも、周囲がとまっている間、ニノマエは一人で黙々と働かないといけない。ニノマエは彼に銃をむけた女刑事当麻を、一瞬で高層ビルに運んだことがあるが、指をならして高速になってからは、一人で歩いて当麻を運んだはずだ。車もエレベーターも動いていないんだから。お疲れさまでした。



4 「戦姫絶唱シンフォギア」で敵のフィーネが付きの破片を鎖で引っ張って地球に落とそうとした力は?
月までの距離は38万㎞。欠けた月の破片はアニメ画面で測ると、差し渡し2300㎞=宗谷岬から鹿児島の最南端与論島までの直線距離くらい、厚さは430㎞=ISSまでくらい。
フィーネはこの破片に鎖をさして5秒間で、マッハ2.8ものスピードを与えたと思われる。その力は5千京トン。これだけあれば月そのものを持ち上げられる。ただし、作用と反作用の法則があるので、フィーネも光速に近いスピードで宇宙空間に飛んでいくはず。飛ばなかったので足で同じだけのちからをだして地球にしがみついていたのか?
ところで計算すると破片の落下は、2日と17時間後に、フィーネがいたところから西へ2200㎞となる。地球の重力で加速されて、秒速7.9㎞で激突し、ビキニ水爆1兆6千億発分の破壊力となり、直径7800㎞の超巨大クレーターをつくる。深さがマントルに到達して、地球はマグマの海となり、46億年前の光景に戻る。
シンフォギアの3人は宇宙空間でそれぞれの武器を使って破片を蒸発させていた。こんなことができるなら、彼女たちも地球の歴史をリセットできます。



5「ジョジョリオン」で、主人公が摩擦力を奪っていた。
主人公の東方定助は、左肩からシャボン玉をだして、ぶつかった人やモノから様々なものを奪う。問題のシーンでは、マンションの上の階から攻撃されたので、天井にシャボン玉をぶつけて、敵のいる床から摩擦力を奪ったという。
これでは敵は立っていることはできず、家具なども滑って襲い掛かってくる。怖い。
ところで定助のいる部屋の天井も摩擦がなくなったので、照明器具のネジなどがぬけて落ちてきたはず。天井だけならいいけど、壁や地面までつながっているとみなすと、すべての摩擦がなくなって、皆が海に向かって流れだす。富士山のてっぺんにいた人は、時速980㎞で美保の松原から遠州灘に放り出されるでしょう。



6アンパンマンは、ばいきんまんにハンマーで殴られても顔が凹むだけ、なのに自分で顔をひきちぎる。
ばいきんまんのハンマーは推定重量は49トン。ふりまわす速度は時速180㎞。
これをうけてもアンパンマンの顔は変形しただけだ。
筆者はアンパンを買ってきて、元に戻らなくなる地点を求めた。(降伏点という)。これをアンパンマンにあてはめると、23㎝に圧迫されると、元に戻らなくなる。このときの力は1万2千トン。
では、このアンパンを引きちぎるにのに必要な力は?筆者がアンパンを引きちぎってみて、それと降伏点の力の比から求めると、600トンとなった。パンとしては信じがたい強度だが、投げるんだからこれくらいはいるかも。
人間がものを噛む力は最大70㎏。とてもこんな硬いアンパンは食べられないでしょう。



7「宇宙戦艦ヤマト2199」でイスカンダルまで1年で往復するってすごい。
イスカンダルまでの距離は、16万8千光年。往復だと33万6千光年である。
普通なら1年で往復できないが、ワープで可能にしたとしている。真田さんによるとワームホールを人工的に発生させるのだが、それに必要なエネルギーは真空のエネルギー=ダークエネルギーを汲み上げるという。
通常航行では光の99%で進むとしても、1年では0.99光年。残りの全部をワープしないといけない。しかも光速に近づくと時間は遅くなるので、ヤマトのクルーが使える時間は52日しかなかったことになる。これではあわただしいし、あんなに事件が起こりそうもない。どうせ通常航行では対して距離は稼げないのだから、ここはワープしていない間はなるべく速度を落とし、ワープ直前は光速の99%まで加速というたびにするほうがいいでしょう。あわただしいなあ。



8「銀魂」の土方さんは、あんなにマヨネーズを摂取して大丈夫?
漫画で焼きそばに直径15㎝、高さ5㎝のマヨネーズをかけていた。推定で1回の食事に1㎏のマヨネーズを摂取していると思われる。これは1日2万カロリー。これを1か月続けると体重は66㎏増える。
主人公の坂田銀時も、糖分の大量摂取をしている。二人不健康対決をしたときのメニューは、土方さんは、マヨネーズ990gの「土方定食」を食べていたとき、銀時はほぼ同量の小豆餡をかけた「宇治銀時丼」を食べていた。
カロリーではマヨネーズの不健康さが勝つが、砂糖の大量摂取は中毒性があるという。引き分け?



9「ユンボル」で、巨大ミキサーで日本海を埋め立てていた。
世界のすべてを更地にすると宣言した男が、凱旋門を倒壊させ、万里の長城を破壊、ヒマラヤ山脈に穴をあけ、コンクリートで日本海を埋め立てた。
日本海を埋め立てるのに必要なセメントの量は310兆トンのセメントが必要だが、2010年の世界のセメント生産量は33億トン。
しかもウラジオストークあたりからミキサー車で流し込んでいた。必要な大きさは、全長544㎞、高さ257㎞、車体の先端が東京なら後ろは倉敷だ!こんなミキサー車をつくるには世界の鉄の生産量の214年分が必要だ。
日本海がなくなると、冬は大陸から乾いた寒風が、夏は乾いた熱風がふいて砂漠化する。対馬海流がなくなって、青森や北海道は寒くなり、九州から関東は暑くなる。
さらに世界の海面が4m上昇し、埋め立てたコンクリから1兆8千億キロカロリーの1億倍の熱がでて、地球の気温が150度上昇するでしょう。
埋め立ては人間が環境汚染をするからだそうですが、これでは自分で環境破壊してしまうでしょう。



10「キューティクル探偵因幡」は髪一本から犯人を突き止める。
主人公の因幡洋は、狼男と人間の女性の人工授精で生まれた「秘密警察犬」。髪に触れれば個人を識別、口に含めば記憶が読める。
DNA鑑定には髪の毛根が必要。髪自体は死んだ細胞なのでDNAは残っていないから。それにDNAでは記憶はわからない。
劇中では因幡はキューティクルからさまざまな情報をよみとっていた。ひょっとしたら、脳の活動で脳の表面に電圧の変化がおこり毛根に影響を与え、そこで作られるキューティクルに影響をあたえていて、因幡はそれをよみとっているのかも。キューティクルの並びは0.01㎜間隔、これを読み取れる因幡の舌は猛烈に敏感である。ちなみに筆者が唇にノギスをあててみたところ2㎜までは2点として感じられたそうである。



11「ポケットモンスター」のヒトカゲの尻尾の火はなんの役にたつ。
ヒトカゲの尻尾の炎は消えるとヒトカゲも死んでしまう。炎は生命力をあらわしているらしい。
おそらくヒトカゲの尾からは常にガスが放出されているのだろう。生物の体から生まれて、可燃性であることから、メタンや一酸化炭素、水素などであろうから体外に出したら燃やしてしまう方が安全だ。炎が消えたらすぐに死んでしまうなら、一酸化炭素だろう。なんと炎が消えたら、サトシの命も危ない。
尻尾で燃やすのは口や鼻から遠いからであろうが、目視はしにくい、自然界のトカゲと違って尾を斬って逃げることもできない。日常生活が不安だなあ。



12「ゼルダの伝説スカイウォーソード」で、リンクが雲から小さなパラシュートで飛び降りる。
これは「パラショール」と呼ばれるアイテムで1mの正方形のパラシュートで、しかもかなり地面が近づいてからしか開けない。
終端速度というのは、落下するときに空気の抵抗で一定以上のスピードがでなくなることで、リンクと同じ腹這いのスカイダイビングでは時速200㎞。スカイダイビングの場合、地上1千m前後でパラシュートを開き、着地の衝撃を地上1.3mから飛び降りたくらいまで落とす。
同じようにパラショールで計算すると、高さ20mで開くと、地面に着地した速度は時速184㎞。だがリンクはそうなってはいない。多分空気の密度が高くて地球の34倍あるのだろう。でも動くときにも34倍の抵抗があるので、人の動きはかなりスローモーになるでしょう。



13「となりの関くん」の使っているお金は?
となりの関くんは授業中にコソコソ遊ぶ漫画。
1時間目は消しゴミドミノ倒し、大きなものから小さなものまで合わせて3780円。
2時限目は将棋。王がハリボテで金がそれを破壊して王になりすますとか凝っているけど、多分手作りとして、ほかの将棋の駒は将棋セットなので、1690円。
3時間目は、机の傷の補修。速乾パテや研磨ワックスなので工具で9600円。
猫と遊ぶとか、福笑い、紙相撲などお金がかかっていないものもある。
しかし45時間目のクレーンゲームでは机に150個のぬいぐるみを積み上げた。1万5千円。
8時間目のチェスでは黒駒を集めて巨大な駒にして白駒を踏み潰した。166個の黒駒が必要で、セットにして11セット必要で、3万5750円。
こうしてみると平均で1回の遊びに3千円くらい使っていそうなので、6時間で1日1万8千円。アルバイトでは賄えないから、きっと年間360万円のお小遣いをもらっているに違いない。お父さんは大リーガー?



14ハウルの動く城で、火の悪魔カルシファーが城を動かす火力と、食べる薪は何本?
城はおそらく蒸気機関で動いていたと思われる。推定されるシロノ重量は3500トン。東京タワーとほぼ同じ、それが4本足で歩いているのだ。これを石炭で動かすとしたら、蒸気機関車から類推して、距離1㎞あたり219㎏の石炭が必要だ。カルシファーが食べていた薪にすると1㎞を走るのに306㎏。さらに蒸気機関車と違って足で歩く分エネルギーが必要なので、通常の5倍の薪、1㎞あたり1.5トンが必要だ。
画面でみた城の速度を出すには、カルシファーは1時間に1万9千本。1秒当たり5.4本というハイペースで薪を食べまくらないといけない。こんなに食べると1日で品川区くらいの森が消えてしまう。魔法の力でなんとかしてください。



15「新テニスの王子様」で河村先輩がテニスコートの照明を叩き落した力は・
河村隆先輩は、ほかの選手の技である波動球をマスター。これは壱式から百八式まであるという。照明を叩き落したのはこの百八式。
照明は、直方体に組まれた鉄骨に8個のライトがついていて、重さは200㎏はありそうだ。直径2㎝ぐらいのボルト12本で固定されていた。これを破壊するのによい公式がないので、ガードレールに車が衝突して壊す場合を応用すると、照明を破壊するには1トンの乗用車が時速106㎞でぶつかるのに等しいという結果になった。そして56gという軽いテニスボールでこれを起こすには、速度がマッハ790必要で、河村先輩の出した力は104万トン。照明でなく相手にあてていたら、相手は新宿から渋谷まで飛んでいく。バーニング!



16「ドラゴンボール」でセルが「太陽系を吹き飛ばせる」といっていました。どれほどのエネルギー。
太陽系の大きさを、カイパーベルトまでとすると、その距離は太陽から45~75億㎞。地球で自爆して爆風がそこまで到達するには、地球を木端微塵にするエネルギーの1600億倍。
結局みんなで力を合わせてかめかめ波で倒したけど、地球すら吹き飛ばなかったのは、セルが体内にためていたのが気力で、消滅したらなくなったからだろう。危なかった。
それにしてもセルは破壊されるたびに強くなるんだから、早期解決しておいてくれればよかったのに。



17「FAIRY TAIL」のナツは炎を食べてパワーアップ。可能ですか?
炎を手にとるには、体から燃料を提供して炎を燃やし続ける必要があって、食べても栄養にならないのでは?
それはおいといて、炎の重さからエネルギーを求めると1リットルで0.22カロリーでごはんになおすと3粒分。とても効率が悪い。
普通の食事をした方が効率がよさそうだが、ナツは食事なら10人前は食べる。火を食べると栄養不足。食事は栄養過多。ナツが乗り物酔いしやすいのは、空腹や満腹だからでは?普通の食事を普通の量食べましょう。



18 平城京に納豆を敷き詰めたら、どれだけの量と金額になりますか?
年号の暗記に「710ネバネバ平城京」と習ったので思いついたらしい。
平城京の面積は合計で24.4平方キロメートル。サッカーコート3420面分。
筆者がスーパーで買ってきた納豆で実験すると、3パック文で1辺10㎝の正方形になった。よって必要な納豆は24億4千万パックで、重量は9万8千トン、値段は798億円。2005年の日本の納豆生産量は26万6千トンだから、5か月分。
敷き詰めるには49万台の荷車で区画ごとに納豆を送り込み15万人の人々が、細い道から広い道に合流しながら納豆を敷き詰めて羅生門をでると工期は23日かかるでしょう。でも終わったら遷都だな。



19「GIジョー バック2リバンジ」で、敵が宇宙空間から金属棒を落としてロンドンを破壊しました。どんな棒ですか?
悪の組織「コブラ」の幹部・ザルタンが、軍事衛星からタングステンの棒を落とすしかけを7基もっているとして、一つをロンドンに落とした。するとロンドンは壊滅してしまった。
映像からは棒の大きさがわからないので、ロンドンの被害状況から推測するとビキニ水爆64倍となるが、あまりにかけ離れそうなので、ビキニ水爆と同じとして計算。秒速8㎞(ザルタンがそういっている)で落下して、この破壊力になるには、196万トンの棒が必要だ。タングステンなら、直径と長さの比を鉛筆と同じと仮定した場合、直径19m、長さ377m。必要なタングステンは埋蔵量のギリギリ。打ち上げにかかる費用は、1本あたり1030兆円。7本なら7210兆円でアメリカの国家予算24年分。他の兵器を買った方がいいのでは?
さらには普通に射出しても、衛星自体の移動速度があるので、地球には落ちてこない。映画のように棒を垂直に落とすなら、後方に向かって横向きに衛星の集会速度で発射するしかないが、それは秒速7.3㎞。こんな発射装置があるなら、地上で使った方がいいのでは?



20ソニック・ザ・ヘッジホッグは音速で走るのに疲れないのは?
ソニックの走る速さは、秒速340m。身長を54㎝とすると、1秒間に560歩走る必要がある。転がるときも速度は変わらないから、毎秒244回も地面に頭や腰をうちつけている。いやにならないのかな~。
空気抵抗はマッハ1のとき一番大きいので、ソニックはもっともキツイ速度で入っていることになる。必要なエネルギーは1秒当たり1千カロリーで脂肪換算で120g。脂肪からエネルギーを得ているとは考えにくいので、空気のなかの水素を燃やすか、空気中の水素を核融合で使っているのだろう。というわけでどっちにしろ疲労物質はうまれないので疲れることはないでしょう。



21「幽遊白書」の戸愚呂弟は、パワーアップのたびに筋肉が増える。どのくらい強くなる?
戸愚呂弟の筋肉の増え方で、役にたつのかは謎だが、実際のパワーの上がり方を計算すると20%から80%になると54万倍と、すさまじい上昇をみせる。最後の100%の100%のときは主人公の「霊丸」をうけきっていたから防御力があがるのかも。
でも筋肉は、血管や神経があり、打撃でダメージをうけることから、防御なら脂肪を増やした方がよかったのでは?



22「ダンボール戦機」で、LBXが暴走するリニアモーターカーを止めた。可能?
LBXは手のひらサイズのロボット。あらゆる衝撃を吸収する強化ダンボールで作った競技場で実弾を発射して戦う。
主人公山野バンのLBX・オーディンとライバルの海道ジンのプロトゼノンが協力してリニアモーターカーを停止させた。LBXの体高は13.5㎝、アシモから推定した重さは55gほど、リニアは12両編成で総重量240トンと推定される。時速500㎞で走行中だったが、オーディンに超電導浮遊装置を破壊され、時速270㎞まで減速。地面に触れたことによるブレーキ力は11トン。これをプロトゼノンは34秒かけて停止させたので、その出した力は54トン。問題は小さな両掌にこの力がかかったこと。リニアがジェラルミンでできていれば、やすやすとプロトゼノンは貫通して暴走だ!きっと強化ダンボールのリニアだったんだな。



23「ムシブギョー」で、江戸の町に現れた巨大カブトムシを無涯は一人で倒しました。どれほど強い?
漫画のコマをはみ出す大きさなので特定が難しいが、おそらく全長639m、スカイツリーより大きい。高さは197mで新丸の内ビルディング(地上38階)と同じカブトムシである。通常のカブトムシから算出した推定体重は464万トン。クフ王のピラミッドが520万トンだから、ものすごい大きさだ。しかも人間を食べるという。
ライオンから推定した一日の犠牲者は5万2千人。100万都市の江戸は19日で全滅。
無涯は前脚に鎖をかけて折った。155万トンくらいの力をだしたと思われる。そして長さ266mの角を切り落とす、切り口の直径は43m、重量20万トンを刃渡り2mでどうやって?しかも角を刀に変形させてカブトムシを一刀両断した。20万トンの角を垂直に立てるなら出した力は2千万トン。刀がなくてもカブトムシに勝てるんじゃないか?ところで死骸も、もちあげられるのは無涯だけ。片付けもよろしくね。



24「猛烈宇宙交響曲:第七楽章無限の愛」のミュージックビデオでももクロが宇宙を自転車で走っています。可能ですか?
本来宇宙空間で自転車を漕いでも車輪が空回りするだけだけで進まないが、ここではその性能があるとしよう。すると空気抵抗がない宇宙なら、10mで50㎝高くなるくらいの緩い坂道を漕ぐくらいの力で自転車を漕ぐとすると、10分で到達する速度は時速1080㎞。土星まで行くには秒速41㎞が必要だが、地球の公転を利用すれば6時間半で必要速度になり、あとは漕ぐ必要はない、ただしつくまでに6年かかるけど。
まっすぐ土星をめざすと、たったの27日。でも土星につくときマッハ3300になるので太陽系も飛び出してしまう。Uターンで地球に戻るときも漕ぎ続けると、地球に到達するときの速度はマッハ4600で小型核ミサイルになってしまうので、地球が近づいたら反対向きになって漕いで減速して後ろ向きに戻るのがよいでしょう。



25「モンスターハンター3G」のガノトトスは、口から水を吐いて攻撃します。どれほどの威力?
ガノトトスは魚竜種のモンスターで、大きいものは全長20m、翼の生えた竜のような姿、顔はサメに似て、尻尾は古代魚のよう、口から猛烈な勢いで水流を放ち、ファンから「水ブレス」と呼ばれている。
画面ではその速度は確認できないので、ライフル弾と同じ秒速1千mとすると、1秒あたりに吐き出される水は71トン。25mプールなら5.5秒でカラになる。
この速さはウォータージェットカッターの最強クラスに肩をならべ、鉱物の粉末などの研磨剤を加えればダイヤモンドでも切断できる威力がある。
これを吐き出すために、ブレスぶくろのようなものをガノトトスはもっているに違いない。
そして用途は、異性獲得でもなく(ハンターに出す)、捕食でもなく(相手が粉々)ならば、防御のためであろう。
これだけ強力だと水力発電にも利用できないな~壊れちゃうから。



26「トリコ」のサニーは髪の先端から伸縮自在の「触覚」を出して自由に操る。どんな仕組み?
サニーは美食四天王の一人で、身長187㎝、体重200㎏、年齢24歳。美にこだわり、美しくないものを許さない。ピンク・ブルー・グリーン・ホワイトの4色の長い髪をもち、その先端から伸縮自在で強靭な「触覚」を伸ばす。かの触覚は直径が0.1マイクロメートルで、数は20万本、1本で250㎏の力に耐えるという。ピンクは温覚、ブルーは冷覚、グリーンが圧覚、ホワイトが痛覚という皮膚と同じ感覚をもち、すべてが味覚をもつ。
劇中では推定330トンのリーガルマンモスを髪で持ち上げて登場した。
サニーの触覚はダイヤやカーボンナノチューブの260万倍強いことになる。しかし、細すぎて20万本でも直径0.066㎜にしかならず、人間の髪の毛一本より細い。こんなもので持ち上げたらマンモスはサックリ切れてしまわないか?それに330トンを最終的に受けるのはサニーに体なので、触覚がなくてもかなり強いのでは?
しかし武器に感覚があると、問題では?劇中では髪を切られて痛がっていたし、味覚があるんだから、敵が生ごみとか振りかけてきたらくさいのでは?
散髪すれば悶絶、シャンプーしたらなめることになるから大変なのでは?



27「るろうに剣心」の志々雄真実は、体温調節できず、体から炎をあげた。ありうる?
志々雄真実は、過去に油をかけて焼き殺されそうになったので、全身の汗腺がなく、体温をさげることができない。医師から全力運動は15分までといわれていた。戦いが15分を超えたとき、志々雄真実の体が燃え上がったのだが、人体にある脂の発火点は400度、リンは結合によって違うが、おそらく260度で発火する赤リンだろう。こんな温度では発火より先に血液が沸騰して全身が爆発するのでは?
260度に達したとしたら、志々雄真実の体内で発生した熱は1万300カロリー。これが20分で消費されたのなら、320m彼方から1秒で走ってくるような運動である。こんなに暴れたら汗腺の問題でなく死んでしまうのでは?
志々雄真実は体温が100度くらいになったら剣心にだきついたらよかったのでは。



28ライトノベル「キノの旅」の「日時計の国」で、巨大な砲弾が惑星を1周して自国を直撃した、やれる?
ある国の廃墟から発見された設計図を元につくられた巨砲が発射されると、弾が戻ってきて国が盆地もろとも消滅したいうのだが、地球は自転と公転をしているので、普通これはあり得ない。戻ってくる方法は一つだけ、国が北半球にあって、南に撃った場合12時間後に南からきた砲弾が着弾するパターンがあるが、これでは自分たちの弾だと思わず、敵の反撃みたいだな。
大砲は「多薬室砲」といって、砲身に並んだ薬室で次々に爆発を起こして砲弾を段階的に加速する仕組みだった、爆発のタイミングの調節が困難で現実世界では実現していない。
ところで砲弾の大きさから推定される威力は、国の直径13㎞ぎりぎりくらいで、お話のように盆地事は消えないみたいなんだけどな。



29「黒執事」でセバスチャンが投げたチェーンソーを死神のスピアーズは人差指と中指で挟んで受け止めた。可能?
黒執事のセバスチャンは悪の貴族に使える死神。スピアーズは敵対する死神である。セバスチャンはチェーンソーをした投げで刃をスピアーズにむけて投げるが、スピアーズは振り向きもしないで指で挟んでうけとめた。
チェーンソーの大きさはネットで調べると、ガイドバーの長さ45㎝、エンジンの前後が35㎝、重量4.8㎏。形状から考えて、劇中のチェーンソーは2㎏ほどと思われる。漫画の描写からセバスチャンの投げた速度を時速100㎞とすると、力は110㎏。スピアーズはさらにすごくて4トン。
力はスピアーズがすごいが、チェーンソーをまっすぐ投げたセバスチャンもスゴイ、わずかでも回転していたら、スピアーズはさらに多くの力が必要になるし、指の股をケガしたかも。



30「イナズマイレブンGOクロノ・ストーン」菜花黄名子の必殺技「もちもち黄粉餅」は可能?
菜花黄名子の「もちもち黄粉餅」は空中から巨大な餅をだしてまわし、ボールにくっつけて手元に引き寄せるもの。
筆者が餅を買ってきて測ると切り餅1個の重さは50g。菜花黄名子の餅は直径28㎝、長さ3.4mの円柱になっていたので、切り餅5千個分くらいと思われる。これを振り回した腕力は5.9トン。脚力でないのが残念だ。
ボールをくっつけるためには粘着力が必要だが、筆者の実験委よると切り餅1個で持ち上げられたのは1.2㎏。接触面積から考えて、サッカーボールにくっつくと粘着力は140㎏。なかなかのものである。手でつかむところは黄粉餅でくっつきにくくなっているし。
髪が餅にくっつかないか心配だったが、髪は細いので簡単に離れる。しかし時間がたつと餅が固まってくっついてしまう。菜花黄名子の餅がすぐに消えるのは合理的なのである。



31「名探偵コナン」に伸縮サスペンダーの仕組み
伸縮サスペンダーはアガサ博士の発明品で、幅2㎝ほどの交差したベルトがスイッチ一つで最大100mまで伸びる。コナン君はこれをつかって、重い隠し扉をあけたり、暴走するバスを止めたり、落下しそうな電光掲示板を支えたりしていた。
劇中の説明から、素材は形状記憶が可能なゴムでできていると考えられる。しかし本来形状記憶は原子が規則正しく並んだ物質にしかみられない。ゴムはランダムにつながっているので、ゴムの形状記憶ができたら大発明である。
バスを止めたときサスペンダーの出した力は1.8トン。
電光掲示板を支えたときは、330トン。幅2㎝、厚さ2㎜とすると1平方ミリメートルあたり8.3トンに耐えたので、ダイヤモンドやカーボンナノチューブの1平方ミリメートルあたり6トンより強い!
これだけ強力だと、バスで本来の力を発揮していたらもっと急激にとまっていたろうし、命の危険がある。
そして最も危険なのは、普通に使っているときボタンを押してしまうと股間にくいこむことでは?




空想科学読本15[愛は地球を滅ぼす]編

空想科学読本15[愛は地球を滅ぼす]編

  • 作者: 柳田 理科雄
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA/メディアファクトリー
  • 発売日: 2014/03/20
  • メディア: 単行本



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0