So-net無料ブログ作成

本のベストセラー

岩崎さんちの種子採り家庭菜園 [農業]

著者は長崎で25年前から少しづつ有機農業に切り替え、野菜の自家採種を続けている方。農民の手による自家採種と在来種・固定種を中心とした種子ネットワーク運動もしているそう。

いろんな野菜の種が写真で紹介されていて面白い。
自家採種は人参からはじめたそうで、いまではすっかり定着しているらしい。
自家採種は在来種がやりやすいが、売られていた種から育てた野菜で種取を繰り返し育てているものもあるそう。

固定種にするために、野菜を選び翌年まいてみてまた選ぶを繰り返すのだそうで、選び方もあまり偏るとよくないといっていた。
ある程度多様性があったほうが、うまくいくのだそうだ。
また、いろんなところからもらった在来種の種子が、自分の畑になじんでいったり、他に分けた種子がその土地で定着していったり
植物には、土地に合わせて進化する能力があるといっていた。
また、休眠する力、予知能力?だってあるのかもといっていた。

種子を固定化するとき交雑は問題になるとされるが、自家採種ならそれほど神経質にならなくてもよいのではといっていた。

遺伝子組み換えは恐ろしいといっていた。
いまこそ、生産者と消費者が手を結び、種を守る必要があるといっていた。

野菜別採種方法と栽培方法。在来種の入手方法がのっていた。



岩崎さんちの種子採り家庭菜園

岩崎さんちの種子採り家庭菜園

  • 作者: 岩崎 政利
  • 出版社/メーカー: 家の光協会
  • 発売日: 2004/01
  • メディア: 単行本



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0