So-net無料ブログ作成

本のベストセラー

プチ哲学 [思考]

NHKピタゴラスイッチの佐藤雅彦さんの本
見開きのマンガとその解説1ページでなっているので、あっというまに読み終わります。
基本的には日常の出来事をよく観察して、ちょっと深く考えたりすると哲学になるよということで、
あとは具体的たとえ話のトピックです。でも、かわいらしいカエルやカップやポット、リスなんかで解説されると抵抗なくよめるから不思議。

トピックからおもしろかったものいくつか

時間厳守名?なネズミ「時間にまけない」
時計の前に2匹のネズミがいます。時計が3時をさすと、1匹のネズミのお腹が「グー」となります。
「なっ、正確だろう?」と自慢するネズミ
もうひとつマンガがあって、時計がじりじりなっているのにさっぱり起きないネズミ。しかししばらくすると「よく寝た」といいておきて、時計をとめにきます。
時計は世間一般の時間。一方ネズミ君がまもっているのは自分の時間。彼は自分の時間厳守なのです。
日常では、まわりからきめられた時間で生きていることが多いですが、人生は「自分の時間」で生きるものではないでしょうか。

魔法の杖「結果と過程」
魔法使いのところへカエルがやってきて「あこがれのケロ子ちゃんと一生を添い遂げたいんです」とお願いします
魔法使いは「よし、かなえてやろう」と杖をひとふりします。
すると、そこにはよぼよぼになった、カエルとケロ子ちゃんが。
カエルは「そうじゃなくて」とつぶやきます。

こんどはサルがやってきて
「バナナをお腹いっぱいたべたい」といいます。
魔法使いはこんども魔法の杖をふって願いをかなえてくれますが、そこにあらわれたのは、お腹の膨れたサル(たぶんバナナがはいっているんでしょう)サルも「そうじゃなくて」とつぶやきます。

つまり、ほしかったのは、ケロ子ちゃんと過ごす時間だったり、バナナを食べている状態だったりするわけで、過程だったわけですが、結果だけが手に入ってしまったわけです。この場合結果だけでは意味をなさないわけで、こういうことは日常によくあります。


プチ哲学 (中公文庫)

プチ哲学 (中公文庫)

  • 作者: 佐藤 雅彦
  • 出版社/メーカー: 中央公論新社
  • 発売日: 2004/03
  • メディア: 文庫



タグ:佐藤雅彦
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0