So-net無料ブログ作成

本のベストセラー

アドラー博士の子どもを勇気づける20の方法 [子育て]

アドラー博士の考える勇気づけの方法

人間は社会的に認められること、この世界の一員であると認められることを求めているというのがアドラー心理学の根底

子どもを勇気づけるには、ほめたり、罰をあたえたり、支持したりする「支配の関係」ではなく
信頼と尊敬の「協力の関係」を築いていく必要がある。

まず、わが子が生きているだけで幸せというのが一番の勇気付け
わが子をひとりの人間として、尊敬し、信頼する。(信用ではない)
信頼とは担保のないもの、ただ無償で提供されるもの、悪いことをやったのを認めてやることはないが、それでもなおわが子を信頼する態度が、子どもを勇気づける。信頼とはこどもにだまされる覚悟でするもの

助言は押し売りではなく、御用聞きくらいで、協力をもとめられたとき、手をさしのべるくらいでちょうどよい

うれしいときには「感情的」に怒ったときには「理性的」に接するようにする
他人と比較したり、完全をもとめたりせず、できている部分、頑張った過程を評価する

こどもの話をじっくりときいてやる。批判やいけんはしない。




アドラー博士の子どもを勇気づける20の方法―もう“いくじなし”とは言わせない

アドラー博士の子どもを勇気づける20の方法―もう“いくじなし”とは言わせない

  • 作者: 星 一郎
  • 出版社/メーカー: ごま書房
  • 発売日: 1994/01
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0