So-net無料ブログ作成

本のベストセラー

世界一やさしい問題解決の授業―自分で考え、行動する力が身につく [子育て]

著者はマッキンゼー出身。マッキンゼーで身に着けた問題解決のノウハウをわかりやすく、子どもに伝えるために書いた本

問題解決能力がある子ども(人)とは
・常に具体的目標をもっている「いつまでに○○するぞ」
・姿勢が前向き「クヨクヨしたってしかたないさ、うまくいく方法を考えよう」
・問題の本質を考える「なにがいけなかったのだろう」
・具体的な解決策をかんがえて、すぐに行動にうつす「これが、いけなかったのかな?こんどはこうしてみよう」
・進み具合をチェックして、毎回なにかを学んでいく「うまくいったかな?」「いまいちだったかな?」「どうやったらもっとうまくいくだろう?」

問題解決へのツール
「分解の木」・・・原因を分析したり、アイディアを広げたりするのに便利、問題をひとつひとつ分析することで、最終的には意外なアイディアをおもいついたりする。

     クラス
   ↓     ↓
  男の子  女の子
   
実際の問題を解決する例

その1 問題の原因を見極め、打ち手を考える方法・・・具体例体育館の定期コンサートにお客さんを呼ぶ
①原因を見極める
・原因とおもわれるものを洗い出す・
なぜコンサートの観客が増えないか分解の木で分けて考える。コンサートをしらない、しっているけどこない、1度いったがいかないなど

・原因の仮説をたてる
コンサートがあることを知っている人はどれくらいいるかと思われるか(その根拠も)など

・どんな分析をするかを考え、情報をあつめる
ツール・・・はい、いいえの木(考える道筋を明確にする) 課題分析シート(何を調べる必要があるかを明確に)
実際にどのくらいの人がコンサートのことをしっていたかなどを簡単なアンケートでしらべる

・分析する
あつめた情報から、現状を分析する

②打ち手を考える
・打ち手のアイディアを幅広く洗い出す
分類の木、一見無理とおもわれることも書いてみるのがポイント、書き出してから実行可能なものをえらびだす

・最適な打ち手を選択する
出した打ち手をマトリックス(実行しやすや、効果)で分析する。実行しやすく、効果の高いものから優先的に実行する

・実行プランを作成する
具体的に、だれがいつまでに何をするかスケジュールに落とし込む

その2 目標を設定し、達成する方法を決める・・・具体例半年で60000円ためてパソコンを買う

目標を小さな目標にわけて考えるのがポイント

①目標を設定する・・・中古パソコン60000円を12月までに、自分のちからで購入

②目標と現状のギャップを明確にする・・・現在のお金と、半年後までにお小遣い、お手伝いでためられる予定のお金をだして、いくらたりないか調べる

③仮説を立てる
ア)選択肢を幅広く洗い出す・・・分解の木で、収入を増やす、節約するなどと分析して、なるべくたくさんの方法を考える
イ)選択肢を絞り込んで仮説をたてる・・・選択肢から効果が期待できないもの、時間がかかりすぎるもの、実行できそうもないもの、自分らしくないものを消していき、選択肢を絞り込む
そうして仮説の木をつくる

           半年以内に6万円ためてパソコンを買う
       ↑              ↑          ↑
CDとゲームを買うのを控える  古本を売る   より値段の高いお手伝いにかえる

④仮説が正しいかチェックする
ア)課題分析シートで、あつめるべき情報をチェックする、情報収集を実行する
イ)データを分析してチェックする
・出費はどれだけへらせるか。できるできないと、やめた場合の効果をマトリクスであらわしてチェック
・いらないものをうったらいくらになるか・・・家を調べた結果と、リサイクル店の聞き込み
・お手伝い賃はあげられるか・・・友達のお手伝いをチェック

分析の結果、実行すべきことがきまったら、実行あるのみ!
実行してうまくいかなかったら、また問題解決をしてみよう

意思決定のためのツール
「良い点」「悪い点」リスト
「評価軸×評価」リスト


世界一やさしい問題解決の授業―自分で考え、行動する力が身につく

世界一やさしい問題解決の授業―自分で考え、行動する力が身につく

  • 作者: 渡辺 健介
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • 発売日: 2007/06/29
  • メディア: 単行本



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0